あなたに寄り添う MAG (マグ) の時計|ノア精密株式会社

TOP > blog > 温度・湿度を確認できる!時計の環境表示機能
コラム
2019/12/02

温度・湿度を確認できる!時計の環境表示機能

blog

秋から冬にかけて風邪やインフルエンザ予防のため、また夏場の熱中症予防のために、温湿度計の購入を考えている方も多いと思います。

温湿度計は単体でも販売されていますが、デジタル時計と一体になったタイプなら置き場所を取らず便利です。

今回は温度や湿度などの環境表示機能付き時計についてご紹介します。

温度・湿度を知ってインフルエンザや熱中症を予防しよう


冬場のインフルエンザを予防するためには、室内を「気温20度以上/湿度50~60%」に保つのがよいとされています。

乾燥した空気の中では、鼻・のど・気管など気道の防御機能が低下してウイルスが増殖しやすい環境になってしまうため、加湿器などを利用した適切な湿度管理が必要です。 

一方、夏場の熱中症は室内や夜間でも起こることが知られています。

環境省では熱中症の危険度を判断する指数を「暑さ指数(WBGT)」としてインターネットで随時情報提供していますが、その割合が「気温1:湿度7:輻射熱(建物や人が発する熱)2」という割合になっていることからも、熱中症には湿度が大きく影響することが分かります。

インフルエンザや熱中症・風邪などの感染症予防のため、室内の温度と湿度は常に把握しておきたいですね。

数字だけでなくマークでも環境がわかると安心


実は、湿度には二種類あり、単純に現在の温度と湿度を計測したものを「相対湿度」、1立方メートルあたりの空気に含まれる水蒸気の重さ(グラム)を示すものを「絶対湿度」といいます。

湿度計が50%を示していても、気温によってはインフルエンザにかかりやすい室内環境になってしまっている可能性もあるというわけです。 

このため、単に室内の温度と湿度を表示するだけでなく、温度・湿度のバランスから「インフルエンザに注意」「熱中症に注意」「乾燥に注意」などの室内環境が一目で分かるような温度・湿度計が理想的です。

「MAG 電波掛時計 アラート」(W-738)/「環境目安表示機能付き電波時計 エアサーチミチビキ」(T-727)は、デジタル表示で現在時刻・カレンダー・温度と湿度を表示してくれる電波時計です。


MAG 電波掛時計 アラート


環境目安表示機能付き電波時計 エアサーチミチビキ

現在の室内環境が「快適」「インフルエンザ注意」「熱中症注意」「乾燥」の4つのいずれかに当てはまる時はマークで表示。

W-738はインフルエンザ注意、熱中症注意マークが点灯したらブザーを10秒間鳴らしてお知らせすることができます。

目覚まし機能もついているので、寝室に1つあれば幅広く役立ちます。

出産祝いやご長寿のギフトにも


温度・湿度表示機能付き電波時計は出産祝いにも最適です。

ライト機能付きで夜間の授乳にも便利。リビングでのお昼寝や寝室など手軽に持ち運んで室内環境をチェックでき、インフルエンザや熱中症の脅威からお子様を守る手助けになります。

 一目で室内環境が分かる時計があると高齢の方にも安心ですね。

年齢とともに気温・室温の変化を体感するまでに時間がかかるようになることが分かっています。

敬老の日や古希・喜寿など長寿祝いのギフトに、温度・湿度表示機能付き電波時計を贈ってはいかがでしょうか。

おわりに


今回は、年間を通じて家族の健康をサポートする「環境表示機能付き電波時計」を紹介しました。

ぜひ活用して、インフルエンザや熱中症の季節を乗り切って下さいね。

参考サイト

厚生労働省「インフルエンザQ&A」
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html


環境省 熱中症予防情報サイト「暑さ指数(WBGT)とは?」

http://www.wbgt.env.go.jp/wbgt.php

温度湿度計表示について

  • ※本製品は工業用(業務用)計測機器として使用する目的で製造されたものではありません。
  • ※温度湿度表示機能は、センサーが本体内部に設置されているため、表示が安定するまでに時間がかかる場合があります。
  • ※他の製品、温度計・湿度計との誤差が発生する場合があります。
  • ※使用温度範囲を超えた場合、故障の原因となりますので、ご注意下さい。

環境目安表示について

  • ※温度と湿度の数値から、現在の環境状態を表示します。[快適/インフルエンザ/熱中症/乾燥]
  • ※温度と湿度の数値によっては、何も表示しない場合があります。
  • ※環境目安表示は、あくまで空調や体調管理の目安です。表示により発生の有無を断定するものではありません。公的機関から発表される「注意」「警報」などとは一致しない場合があります。
  • ※本製品はインフルエンザ・熱中症を完全に防止できる製品ではありません。
  • ※本製品は、商取引や証明には使用できません。また、医療及び業務用製品ではありません。

Facebookで更新情報をチェック!

関連記事

pagetop